第42回日本広告学会全国大会

第42回 近畿大学

第42回(2011年度)全国大会を、以下の要項で開催しました。
運営委員長 妹尾俊之(近畿大学)

開催校
近畿大学(大阪府東大阪市)
第12回(1981年度)大会以来、30年ぶりとなります。

開催日程
2011年11月11日(金)〜13日(日)

統一論題(大会テーマ)
つなぐ。人と、文化と、時代と。――広告の社会的関係構築力を追求する。
大会プログラム
2011年11月11日(金)

13:00〜15:00 各種委員会 会場:B 館10 階マルチメディア会議室
(学会賞委員会のみ、B 館10 階1006 演習室)
15:30〜17:30 拡大常任理事会 会場:B 館10 階マルチメディア会議室

2011年11月12日(土)

【受付】
受付場所:B館 2階 201教室前ロビー
09:00〜随時

【開題】
会場:B館 2階 201 教室
09:30〜09:40 運営委員長挨拶 いまこそ、広告の本質を見極めよう!
妹尾俊之(近畿大学)
09:40〜10:10 会長基調講演 広告の社会関係構築力
岸志津江(東京経済大学)

【統一論題 研究報告】
会場:B館 2階 201教室
10:20〜10:50 何がソーシャル・クリエイティビティをもたらすのか。
:“一回性”と“真正性”のクリエイティブ
佐藤達郎(多摩美術大学)
10:50〜11:20 社会の中で「広告」はいかにして成立するのか
石崎徹(専修大学)
11:20〜11:50 社会的イノベーションとしての広告理解
:アメリカ広告史に残る30 の事例からの分析と考察
水野由多加(関西大学)

【統一論題 特別企画】
会場:B館 2階 201教室
13:00〜14:00 特別講演 政治とコミュニケーション
世耕弘成(近畿大学副理事長・参議院議員)
14:15〜15:45 パネルディスカッション
つなぐ。人と、文化と、時代と。――広告の社会的関係構築力を追求する。
植條則夫(関西大学)
青木貞茂(同志社大学)
鈴木雄介(博報堂DY メディアパートナーズ)
司会:妹尾俊之(近畿大学)

【会員総会】
会場:B館 2階 201教室3
16:00〜18:00 会員総会

【懇親会】
会場:BLOSSOM CAFE 多目的ホール
18:30〜20:30 懇親会

2011年11月13日(日)

【自由論題 研究報告@】
会場:G 館5 階501 教室
テーマ:広告クリエイティブ
09:20〜09:50 アジアのテレビ広告における外国イメージ
:日本・中国・台湾・タイの国際比較研究
ポンサピタックサンティ・ピヤ(長崎県立大学)
09:50〜10:20 「広告のことばによる普遍的効果階層モデル」の提案
新井恭子(東洋大学)
10:20〜10:50 欧米における「広告クリエイティブ・マネジメント研究」の動向
伊吹勇亮(京都産業大学)
テーマ:広告コミュニケーションの新展開
11:00〜11:30 リミックスremix 広告の時代:原点は庶民文化
西垣泰子(明星大学)
11:30〜12:00 コミュニケーションプランニングにおける普遍と変化
:世界のソーシャルメディア戦略による分析
村尾俊一 (ニューパラダイム・マーケティング・コミュニケーション研究所)
12:00〜12:30 マーケティング3.0 の時代に、キャラクターは『ソーシャルコミュニケーター』として機能するか?
:コミュニケーション活動におけるキャラクターの新たな役割と効果に関する実証研究
野澤智行(アサツー ディ・ケイ)

【自由論題 研究報告A】 会場:G 館5 階502 教室
テーマ:広告メディア
09:20〜09:50 ソーシャルメディアと既存広告の関係性分析
梅津充幸(ジェイアール東日本企画/東洋大学大学院)
09:50〜10:20 ライブ・エンタテインメントという媒体
:広告コミュニケーションとしての考察
中川和亮(関西学院大学大学院)
10:20〜10:50 課題解決型生活行動の視点からメディアの評価を分析し、課題解決の各段4階に対応するメディア群の
活用を提案
根本則明・福田成美(ビジネスモデル研究所)
11:00〜11:30 共視性を視野にいれたエンゲージメント状態の考察
:番組コンテンツと連動したTVCM 表現の可能性
小泉秀昭(立命館大学)
11:30〜12:00 広告の「消費規範形成力」について
鈴木宏衛(元金城学院大学)
12:00〜12:30 パルダの方程式は現代に通用するか
今田純(日経BP 社)
【自由論題 研究報告B】 会場:G 館5 階503 教室
テーマ:ブランドと広告
09:20〜09:50 リテール・ブランドにおける信頼性と尺度構築
岡山武史(近畿大学)・橋広行(流通科学大学)
09:50〜10:20 ブランド危機における高ロイヤルティ顧客の重要性
北見幸一(北海道大学)
10:20〜10:50 テレビCM における有名人起用と広告効果:CM 好感度調査を中心として
中野香織(駒澤大学)・松本大吾(千葉商科大学)・大瀬良伸(東洋大学)・仁科貞文(青山学院大学)・
亀井昭宏(早稲田大学)
テーマ:大規模災害と広告
11:00〜11:30 緊急時の企業Web サイトの対応とその課題
:東日本大震災発生時の企業Web サイトの情報発信対応調査から、自社メディアとしての運用体制の課題を考察する
田実日出翁(日本経済広告社)
11:30〜12:00 東日本大震災と公共広告:公共広告メッセージは消費者へどう届いたか?
朴正洙・亀井昭宏(早稲田大学)
12:00〜12:30 大規模災害時におけるテレビCM 対応に関する考察
:AC 差し替えに変わるスキーム開発を目指して
山崎方義(クボタ)

【研究プロジェクト報告】 会場:G 館2 階201 教室
13:30〜14:30 広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究
池内裕美(関西大学)・前田洋光(神戸親和女子大学)

【閉会挨拶】 会場:G 館2 階201 教室
14:30〜14:40 閉会挨拶 疋田聰(東洋大学)